紹介予定派遣制度の仕組み

紹介予定派遣とは「正社員として就職可能な」派遣制度

紹介予定派遣とは、派遣先企業から「正社員あるいは準社員などとして」直接雇用されるシステムのことです。

派遣スタッフ(社員)の派遣期間が終了した際に、派遣スタッフ本人と派遣先企業の合意が成立すれば、正社員または準社員・嘱託社員といった雇用形態で派遣先企業から直接雇用されることになります。
派遣の仕事経験がある方は「紹介予定派遣」という言葉は一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

紹介予定派遣は、正社員としての就職または再就職を考えている方には魅力的な雇用制度です。
なぜ魅力があるのかと言うと、就職を希望する企業または業界が自分のスキル・適正に合っているかを派遣社員として働いている間にj事前に判断することが出来るからです。

ちなみに、紹介予定派遣制度は企業側にとっても魅力的なシステムと言えるでしょう。
いきなり正社員として採用するよりも派遣社員として一時的に雇って業務能力や仕事への適正をテストした方が、後々会社に本当に必要な方にだけ正社員としての待遇を与えることが出来、「トータルで見て」人件費を節約することが出来るからです。

少し話がそれましたが、紹介予定派遣のメリットは他にもあります。

それは、紹介予定派遣制度のシステムを利用すれば、通常の就職活動よりも就職しやすいというメリットがあることです。

ただ、紹介予定派遣制度を利用すれば必ず正社員としての就職が出来るとは限りません。
紹介予定派遣として採用されているスタッフを派遣先企業が必ず正社員として採用しなければならないという法律上の義務は無いからです。

紹介予定派遣を成功させるコツは、派遣スタッフとして雇われている期間から派遣先企業へ自分の能力・仕事に対する意欲をアピールしていくことです。
また、「紹介予定派遣」でなくても仕事の頑張りや能力が認められさえすれば、「正社員として働いてみないか?」と派遣先企業から言われることもあるそうです。