派遣会社の登録会での服装・マナー

派遣会社の登録会での服装・マナーなどに注意しよう

人材派遣会社では「登録会」と呼ばれる合同の派遣登録イベントを定期的に開催しています。

派遣登録会では色々な企業の採用担当者の方と面談(面接)することも多いため、服装やマナーには十分注意して参加しましょう
ここでは、その派遣登録会での服装やマナーなどについていくつか注意点を説明したいと思います。

まず、派遣登録会に参加する際の服装はスーツです
派遣登録会でも就職活動と同じ服装です。どうしてもスーツが用意出来なかった場合は、フォーマルな印象の私服(上着はジャケット、下はチノパン(ジーンズ以外のズボン))がおすすめです。
たまにアルバイトの面接感覚で適当な服装で派遣登録会に参加する方を見かけましたが、登録会はちゃんとした面接・採用の場所なのでスーツ・フォーマルな服装で必ず参加しましょう。

次に、派遣先企業との面談または面接でのマナーについてです。
敬語などの言葉遣い・挨拶や、姿勢・動作など、面談している相手にとって好印象を与えるようなマナーを心掛けましょう。
企業との面談の際はコミュニケーションに積極的に参加し、愛想の良い・きちんとした態度が振舞えるように日頃から練習しておく必要があります。
企業との直接の面談は就職成功の鍵を握る最も重要なものと言えるので、気合を入れて臨むに越したことはありません。

服装・マナー以外にも注意点はあり、例えば派遣先企業だけでなく派遣会社スタッフへの対応の仕方など、派遣登録会は最初から最後まで就職試験のつもりで臨むことがとても大切です。

また、登録会に参加する際に必要な持ち物についてですが、まず履歴書と職務経歴書は必須です。また、写真、身分証明証、印鑑等があると登録会のその場で各種手続きが出来るので持って行くことをおすすめします。

派遣会社の登録会は一度に派遣の求人・仕事情報を探すことができる絶好のチャンスです。
そのチャンスをものにするためにはしっかりした心構えが必要であり、受身でなく積極的に自分の仕事能力や魅力をアピールしていく姿勢が大事です。

登録会は人材派遣会社それぞれ内容に差はあまりないので、前向きに沢山の派遣登録会に参加してみましょう!