派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員として就職するメリット・デメリットとは?

派遣社員メリットデメリットにはどんなものがあるのかを解説したいと思います。

派遣社員のメリットとしては、時間の自由度が高いこと自分のスキルにあった仕事が出来ることが挙げられます。

派遣会社から派遣されて働く場合、正社員と比較して職場での拘束時間が短く、また、休日のスケジュール調整も正社員と比べて融通が利くことが多い傾向があります。
仕事内容で言えば、派遣社員は正社員と違って、自分の得意分野・スキルを活かせる仕事が出来ます。正社員として就職した場合は、就職先の企業の意向に従って仕事を進めていくのが通常です。そういった点で、派遣社員として就職すれば、やりがいを持って仕事を続けることが出来るので魅力的と言えるでしょう。

また、派遣社員は「高時給・残業無しの企業」や「働けば働くほど給料が貰える企業」、「有名な大企業」といった具合に、そのときの生活状況・嗜好に応じて派遣先の会社を選ぶことが出来るのもメリットです。

次に、派遣社員として就職するデメリットについて解説します。

派遣社員の契約更新は派遣先の会社に選択権があります。
派遣先の企業との派遣契約終了後すぐに新しい派遣先企業の紹介が貰えるという保証はありません。そのため、派遣社員としての生活は正社員と比較して不安定になりがちです。派遣社員の「自由度」が高いというメリットと表裏一体と言えます。

また企業は派遣社員に対して「即戦力」としてのスキルを求めるため、派遣契約の更新または新しい派遣先企業の紹介を貰うためにはそれなりのスキルアップの努力が必要になってくるでしょう。
給料・待遇の面で言えば、派遣社員の時給は高いところが結構ありますが、反面、正社員のような各種手当・退職金が給付されないことも派遣社員のデメリットと言えます。

このように、派遣社員のメリット・デメリットはそれぞれありますが、まずは派遣社員として働いてみて、正社員の仕事の実情を擬似体験してみるのも良いと思います。