特定派遣と一般派遣の違い

特定派遣と一般派遣の違い(給料・仕事内容)を比較

派遣には「一般派遣」・「特定派遣」・「紹介予定派遣」といったように、大きく分けて3つの種類の雇用形態があります。
紹介予定派遣は最近ではよく耳にするようになりましたが、特定派遣についてはイマイチ具体的なイメージが湧かないという就職希望者の方も多いのではと思います。

ここでは「特定派遣」と「一般派遣」の違いを解説したいと思います。

特定派遣とは、「派遣先企業で働く」派遣元会社の正社員、と考えてください。身分は正社員であり派遣会社と正社員契約を結んでいる間は派遣先企業からの仕事紹介が無くても継続して給料が支払われ続けます。特定派遣社員は常用雇用・給料制の雇用形態となっています。

一般派遣社員の場合は派遣期間内のみ派遣会社との雇用契約が存続し、契約が終われば給料の支払いが終了します。そのため、不定期雇用・時給制の雇用形態であると言えます。

補足知識として、一般派遣の許可を厚生労働省より取得している派遣会社は一般派遣と特定派遣どちらの雇用形態をとることも法律上可能です。
一方、特定派遣の許可のみを受けている派遣会社は特定派遣の雇用形態しか採用できません。

特定派遣と一般派遣では仕事内容にも違いが存在します。

正社員と派遣社員との給料・待遇の違いと同じような違いが特定派遣と一般派遣との間にはあるので、仕事内容に違いがあるのは当然のことかもしれません。

特定派遣社員の仕事内容の例には、ソフトウェア開発・機械設計といった専門色が強い・専門的スキルが求められる仕事が多くなっています。
また、一般派遣社員の仕事内容には、財務処理、取引文書作成といった「一般職・事務職」的な業務が多くなっています。

こうした特定派遣と一般派遣の違いを比較したうえで、自分の仕事適性や給料・待遇などに注目して派遣の仕事探しをするのも手です。