派遣社員の健康保険加入条件

健康保険制度に派遣社員が加入するための条件

派遣社員の健康保険加入は人材派遣会社との契約により行います。
派遣先企業で健康保険への加入をするわけでは無いので注意しましょう。

人材派遣会社によって、派遣社員との契約期間が一定期間過ぎないと健康保険に加入できない場合もあれば、派遣会社との契約後すぐに健康保険に加入できる場合もあります。
また、派遣先企業との仕事契約の条件によっても健康保険に加入できるかどうかが変わってくるときがあります。
従って、派遣での仕事探しの際には、契約条件の文面などで健康保険加入について十分確認しておくことが重要です。

派遣社員の健康保険加入の可否は人材派遣会社にもよりますが、加えて派遣社員が健康保険へ加入する場合には法律上の条件があります

まず、派遣会社との雇用契約が2ヶ月を超えていることが必要です。
雇用契約が2ヶ月を超えたときに条件を満たすのではなく、派遣会社などから提示される労働条件についての書類に記載されている雇用契約期間が2ヶ月を超えていれば大丈夫です。
つまり、契約書類に加入条件を満たす記載があれば、派遣先企業での勤務開始初日からでも健康保険へ加入することが出来ます。

派遣社員の健康保険加入の条件2つ目は、1日または1週間の労働時間と1ヶ月の労働日数が通常社員の4分の3以上であることです。
労働時間・労働日数の計算や見積りは人材派遣会社の方で行ってくれるのが一般的です。

ちなみに派遣社員が健康保険に加入する場合は、健康保険料の負担は派遣会社との折半という形になります。
派遣会社側の誤りが原因で健康保険に加入可能であった期間が未加入となっていた場合は、過去の健康保険未加入期間の保険料は派遣会社側の負担となります。

健康保険は仕事をしていく上で自分の体を守る大切な保険制度であり、健康保険への加入は国民としての義務でもあります。
派遣の仕事を探すときは、上記にあげた健康保険制度の加入条件・内容をよく把握しておきましょう。