営業職の派遣

営業職の派遣の仕事内容(新規開拓/ルート営業/アシスタント)

人材派遣が行われている営業職には、仕事内容別に分けると新規開拓営業・ルート営業・営業アシスタントといった種類があります。

営業職界の人材派遣新規開拓営業
新規開拓営業の仕事内容は、新規顧客の獲得(法人営業・個人営業)が中心になります。
派遣先会社の営業担当として、製品の新規販路開拓、サービス・企画の新規提案(企画営業)などを法人・個人相手に行います。
飛び込み営業(事前連絡なしに会社などへ訪問する営業の仕方)もありますが、営業未経験・初心者の派遣社員には任されない場合が多いです。

ルート営業
ルート営業の派遣社員の仕事内容は、既存の顧客(法人・個人)相手への製品販売、サービス(企画)提案です。
いわゆる「お得意先」の顧客相手に営業をする仕事で、ルート営業職の派遣社員は得意先企業・個人との関係性の維持に努めることになります。
人材派遣の求人情報などで「未経験者・初心者歓迎」と書いてある募集内容であれば、まず「ルート営業」の仕事と考えて良いでしょう。

営業アシスタント
この派遣職種は営業事務と殆ど同じ仕事内容で、会社の営業職のサポートを担当します
営業職の社員が戦略的に営業活動が出来るように各種データ収集、資料・文書作成などを中心に行います。(事務職のページの「営業事務」の項目もご覧になってみて下さい!)

営業職の派遣社員の種類は大きく分けると以上の通りですが、扱う営業商品・サービスの種類によって更に細かく広告営業・貿易営業・不動産営業・ラウンダー(小売業や販売業専門の営業)といった業界別の仕事があり、また海外営業など海外専門の営業職もあります。

また、営業のやり方によっても、電話営業(テレマーケティング)・訪問販売・店頭販売(セールスプロモーション)などの派遣職種があり、一般的な営業職とは別に募集されています。

時給相場・平均給料(給与)

営業職(新規開拓営業・ルート営業)の派遣社員1500円〜1700円(東京都内)くらいが平均的な時給相場となっており、営業アシスタント(営業事務)の派遣社員であれば時給は1400円〜1600円(東京都内)ほどになります。

また、同じ人材派遣職種でも、ルート営業より新規開拓型の営業(企画提案など)の方が時給が高い傾向です。
日払い又は週払いで給料を支給する派遣先会社は極めて少なくなっています。

平均労働時間・平均休暇(休日)日数

営業の派遣社員の労働時間は平均7〜8時間です。
残業時間は派遣先の会社によって違いますが、営業職であれば平均月10〜30時間、営業アシスタント系の派遣職種であれば月10〜20時間くらいが平均となっています(残業手当(残業代)の支給あり)。

1ヶ月の休暇日数は平均8〜9日で、「完全週休2日制」の派遣先が一般的です。祝日に休みを取れる会社も多くあります。

派遣社員の派遣期間

営業職の人材派遣期間は一般的に3ヶ月以上(長期)です。
単発・短期の求人案件は殆ど募集されておらず、長期的な人材派遣契約を結ぶケースが大多数を占めています。

紹介予定派遣の実態(試用期間など)

紹介予定派遣制度を導入している派遣先企業は多く、営業職の紹介予定派遣の平均的な試用期間は3〜6ヶ月以上です。

ただ、営業職の場合は試用期間後に正社員ではなく「契約社員」として採用される場合もあります。
特に営業アシスタントなどの派遣社員は、試用期間後に契約社員として登用されているという実態があります。

しかし営業職はオフィス系の仕事のなかでも慢性的な人材不足の状況にあるため、紹介予定派遣での正社員登用が成功しやすい職種と考えて差し支え無いでしょう。