派遣契約期間の短縮終了と休業補償

派遣契約期間の短縮終了と休業補償に関する注意点

派遣契約の終了を派遣期間の途中で通知されることは、派遣社員と派遣先企業・派遣会社とのトラブルとして問題になることが多くなっています。
派遣契約終了の前に派遣会社から契約終了を通知された場合、派遣会社から給与などの補償はあるのかというと・・・あります

派遣契約が途中で終了した場合、派遣会社は派遣登録した方に対して休業補償または契約短縮のどちらかの手段をとることになります。

派遣会社の休業補償義務は、「派遣会社との契約期間が残っているが業務を続けさせることができない何らかの事情が発生した場合」に発生します。

具体的には、派遣先企業の事情により契約が途中終了した場合、派遣会社はまず派遣登録している方に対して契約満了日まで契約終了した派遣先企業と同条件の仕事の紹介をする義務があります。
そして同条件の仕事の紹介が出来ない場合には、派遣会社は休業補償(平均賃金の60%)をする義務が発生します。

休業補償は派遣業法に定められた規定ですが、派遣登録時などに契約期間の短縮の可能性について事前同意をしていた場合は休業補償を受けることが出来ないので注意が必要です。

また、突然の派遣契約終了時に派遣会社から新たに紹介された仕事を断ってしまうと、「仕事をする意思がない」と派遣会社側から判断され休業補償が打切られるケースが非常に多くなっています。

派遣契約の終了・休業補償・契約期間短縮には以上のような注意すべき点があります。

派遣会社に登録する際は、それぞれの会社の派遣契約同意書をよく読んでおくようにしましょう。