製造業の派遣

製造業の派遣の仕事内容(加工/組立て/修理/検査/管理など)

製造派遣の主な仕事内容は、原料・材料の加工・組立などを行い、製品をつくることです。

製造業界の派遣一般的に「ものづくり」と呼ばれる仕事が製造業務であり、製造スタッフは企業やメーカーの工場や作業場といった職場でライン作業(流れ作業)などの形で仕事をします。

派遣社員の募集を行っている製造業の種類はとても多く、例えば日本標準産業分類における「中分類」に所属する製造業だけでも、食料品製造業、飲料・たばこ・飼料製造業、繊維工業、アパレル製造業、木材・木製品製造業、家具・装備品製造業 、パルプ・紙・紙加工品製造業 、印刷業、化学工業、石油製品・石炭製品製造業、プラスチック製品製造業、ゴム製品製造業、文房具製品製造業、なめし革・同製品・毛皮製造業、窯業・土石製品製造業、鉄鋼業、非鉄金属製造業、金属製品製造業、一般機械器具製造業、電気機械器具製造業、情報通信機械器具製造業、電子部品・デバイス製造業、輸送用機械器具製造業、精密機械器具製造業、その他の製造業といった業種があり、派遣社員はそれぞれの業種に応じた製造業務を行うことになります。

ただ、製造業全てにおいて派遣社員の求人がある訳ではなく、その時の法律(労働者派遣法)の条件や雇用情勢・経済情勢などによって派遣社員の募集状況が変わります。

人材派遣の求人情報誌・求人サイトなどで頻繁に募集が行われている製造業務は、設備管理、生産管理、加工作業、部品組立て作業、修理作業、検査業務などです。

時給(日給)相場・平均給料(給与)

製造業の派遣社員の時給相場は、平均1200円〜1500円(東京都内)です。
日給制の会社はあまり多くありませんが、製造業の平均的な日給は9000円〜12000円(東京都内)ほどになります。

平均労働時間・平均休暇(休日)日数

製造業の平均的な労働時間は7〜8時間で、1ヶ月あたりの残業時間は平均10〜30時間くらいです(残業手当(残業代)は支給されます)。

休暇日数は1ヶ月あたり平均5〜8日、休日は「日曜・祝日」か「土曜・日曜・祝日」となっています。
製造業の人材派遣ではシフト制やローテーション制の交代勤務も多く、休暇を平日に取る場合もあります。

派遣社員の派遣期間

派遣社員の平均的な派遣期間は、製造業では3ヶ月以上または3ヶ月未満で、単発・短期の派遣から長期の派遣まで幅広く対応しています。

製造業では長期的な人材派遣契約も可能な会社が多く、その場合は派遣期間を延長して製造業務に従事することになります。

紹介予定派遣の実態(試用期間など)

紹介予定派遣制度を利用して採用された場合、製造業においては平均6ヶ月の試用期間を経て正社員として直接雇用されます。

ただ、製造業では紹介予定派遣制度を導入している企業が少なくなっており、製造業での派遣社員から正社員への昇進は難しいという実態があります。
とりわけ「派遣切り」の言葉も目立つ製造業界であるため、紹介予定派遣での正社員採用は他の派遣業種と比較して厳しいと考えて良いでしょう。