IT技術者・エンジニアの派遣

派遣IT技術者・派遣エンジニアの仕事内容(コンピュータ関係)

IT技術者・エンジニアといったコンピュータ関係の派遣社員は幅広い職種で求人募集が行われており、特にSE(システムエンジニア)・PG(プログラマー)・NE(ネットワークエンジニア)などの職種で派遣社員が多く募集されています。

IT技術者・エンジニアの人材派遣SE(システムエンジニア)
SEの派遣社員はシステム開発(構築)が主な仕事内容で、民間企業や銀行の社内システムから官公庁のシステムまで、派遣先によって様々なシステムを開発します。人材派遣の求人サイトなどでは「ビジネスアプリケーション系のSE」とも表現されている仕事です。
その他、システムエンジニアの派遣求人で多い仕事内容には「制御系」と呼ばれる各種機器関連のSE業務、「WEB・オープン系」と呼ばれるインターネット関連中心のSE業務、データベース開発・運用などのSE業務などがあります。

PG(プログラマー)
派遣プログラマーの仕事内容は、システムプログラムの作成・修正・追加作業などが中心になります。
プログラマーの仕事も派遣先によって違いがあり、社内システム・官公庁系システムのプログラミング、各種機器のプログラミング、インターネットコンテンツのプログラミングなど様々な仕事内容があります。

NE(ネットワークエンジニア)
ネットワークエンジニアとして人材派遣された場合は、インターネット・LAN・WAN(広域通信網)といったネットワークの構築・運用・保守・監視・管理(障害対応/復旧)などの仕事を担当します。 こちらも他の派遣エンジニア(SE・PG)と同様に、派遣先の職場によって具体的な仕事内容は様々です。頻繁に派遣社員の募集が行われている求人案件は、運用・保守・監視・管理系のネットワークエンジニアです。

その他のIT技術者・エンジニア・コンピュータ関係の派遣職種には、ユーザーサポート・ヘルプデスク(顧客からの電話・メール対応)、テスト・評価(ソフトウェアなど各種IT機器・製品の検査)、OAインストラクター(社内PC研修の講師、PC系資格講座の講師など)や、CADオペレータ・CAD設計などの仕事があります。

時給相場・平均給料(給与)

IT技術者・エンジニア系の派遣社員に支給される時給は、SE(システムエンジニア)の平均時給が2000円〜3000円(東京都内)、その他のITエンジニア系の派遣職種は時給1500円〜2000円(東京都内)が相場です。

平均的な時給相場なのでもちろん派遣先・仕事内容によって時給に違いが出てきますが、SEの派遣社員の時給は比較的高い傾向で、時給2000円以上の求人案件が充実しています。

また、IT技術者・エンジニアの人材派遣においては、日払い・週払いで給料が支給される会社はほとんどありません。

平均労働時間・平均休暇(休日)日数

派遣IT技術者・派遣エンジニアの平均労働時間は8時間です。 残業時間は月平均20〜40時間くらい(残業手当(残業代)支給あり)ですが、ユーザーサポート・ヘルプデスク、OAインストラクターの派遣社員については残業時間は少ないです。
また、常駐型のIT技術者・エンジニアの場合(ネットワークエンジニアなど)は、深夜から早朝までといった夜間勤務の形で派遣されることもあります(シフト制・交替制)。

平均休暇日数は月8〜9日で、殆どの派遣先で「土曜・日曜・祝日」が休日となっていますが、ネットワークエンジニアやユーザーサポート・ヘルプデスクの派遣社員はシフト制で休日を取る場合が多く、休日の曜日が変則的です。

派遣社員の派遣期間

OAインストラクターの人材派遣では単発・短期の求人もありますが、その他のIT技術者・エンジニアの人材派遣期間は3ヶ月以上(長期)と考えて良いでしょう。

ただ、プログラマー・システムエンジニアについては、少数ではありますが短期の人材派遣求人もあることはあります。

紹介予定派遣の実態(試用期間など)

人材不足の傾向にあるIT業界・コンピュータ業界において、IT技術者・エンジニアの紹介予定派遣求人はとても数が多くなっています

紹介予定派遣の試用期間は3〜6ヶ月ほどで、多くの派遣先企業で試用期間後「正社員」として派遣スタッフを採用します(ユーザーサポート・ヘルプデスクの派遣職種の場合は「契約社員」での雇用が多くなっています)。

「IT技術者不足・ITエンジニア不足」の現状は今後も続くと思われますので、派遣社員から正社員へ登用される確率は他の人材派遣業種・職種と比較して高いと言えます。