事務職の派遣

事務職の派遣の仕事内容(総務/経理/営業事務/一般事務など)

事務職の派遣社員には様々な仕事があり、人材派遣の求人募集が多い職種としては総務・経理・営業事務・一般事務・貿易事務などがあります。

事務職の派遣総務
総務事務の仕事は人事管理、給与管理、保険・税金関係の手続きなどが主な業務内容になります。
担当部署の無い仕事全てを引き受けているのが総務であり、派遣先企業によっては経理や購買なども仕事内容に含まれています。

経理
経理事務は、派遣社員の場合は仕訳、財務諸表作成といった財務会計業務を任される場合が多いです。
他に「管理会計」という会社の経営判断に大切な仕事がありますが、派遣社員に任せる企業は少ないと考えて良いでしょう。

営業事務
営業事務の仕事内容は受発注業務、伝票作成など、会社の営業担当の事務作業をサポートする業務がメインとなります。
また、営業担当不在時の代理対応(接客/電話応対)なども行い、派遣先の企業によっては電話応対が中心になることも多いです。
派遣先の会社によっては「営業アシスタント」とも呼ばれる仕事です。

一般事務
各種資料作成・文書作成、電話・来客応対、受付などが一般事務の仕事内容です。
会社の庶務的な仕事を任され、派遣社員の場合は特に雑用・雑務的な業務を担当することになります。

貿易事務
貿易事務の一般的な仕事内容は、商品の輸入手続き・輸出手続き、輸入・輸出に伴う在庫管理・資金管理です。
あくまで「事務」であり、実際に貿易の交渉をする海外営業担当をサポートする仕事になります。

その他、医療事務(医療専門の各種事務作業。医療事務派遣の実情と求人・募集情報の探し方のページもどうぞ!)、学校事務(大学・高校などでの事務作業)、英文事務(英語での文書・資料作成、翻訳)など業界別の専門的な仕事も募集されています。

このように人材派遣業界においては「事務職」一括りではなく職種別の求人募集が行われていることが多く、大企業への派遣ではその傾向が更に強くなります。
求人に応募する前に、どの事務職種で派遣社員をしたいかを決めておくと良いでしょう。

時給相場・平均給料(給与)

事務職の派遣の時給相場は、時給1500円〜1600円(東京都内)です。
日給制の給与体系の会社は極めて少ないですが、平均的な日給相場は10000円〜11000円(東京都内)となっています。日払い・週払いの派遣先企業は殆どありません。

平均労働時間・平均休暇(休日)日数

労働時間は平均7〜8時間で、残業時間が1ヶ月あたり平均10〜20時間くらいあります(残業手当(残業代)支給あり)が、残業無しの派遣先企業も多くあります。

休暇日数は月8日が平均で、事務職の派遣社員では土曜・日曜(祝日)にしっかりと休日を取ることが出来ます。

派遣社員の派遣期間

事務職の人材派遣期間は平均3ヶ月以上の長期となっており、派遣先の会社からスキルや業績が認められれば更なる人材派遣契約の更新・延長が可能です。

紹介予定派遣の実態(試用期間など)

事務職の紹介予定派遣求人は他の派遣職業と比較して豊富に揃っています。

紹介予定派遣の試用期間は3ヶ月が平均で、その後に選考などを経て事務職の正社員として登用されます。

「紹介予定派遣」と明記していない求人案件でも、業績・勤務態度次第で正社員として採用される場合もあります
事務職の派遣期間は長期なので、そこを利用して日頃から派遣先企業へアピールしておくと正社員に登用されるかもしれません。