仕分けのアルバイト

仕分けのアルバイトの仕事内容(宅配便の仕分け/郵便物の区分け)

仕分け作業の一般的な仕事内容は荷物の分類ですが、アルバイト先によって仕事内容に違いがあります。

宅配便の仕分けアルバイトの場合は、荷物を配送先別に仕分ける作業が主な仕事内容です。

仕分け作業のアルバイトメール便から大きな荷物まで様々な宅配便を仕分けますが、特に「ベース」と呼ばれる地域拠点の配送センターでの仕分け作業ではベルトコンベアーを使ってのライン作業(流れ作業)の形で次々に荷物を仕分けていきます。
ベース以外で仕分けのアルバイトをする場合(営業所など)は、仕分け作業の他に積み上げの仕事があります。重い荷物を下に、軽い荷物を上に分類して宅配トラックに荷物を搬入しやすくする作業です。

郵便物の区分けのアルバイトでは、葉書・封筒、ゆうパックなどの郵便小包を配達先の区域ごとの棚に仕分けていきます。

仕分けのアルバイトと比較すると、郵便物区分けのアルバイトは軽い荷物を仕分けることが多いので女性にも向いている仕事内容と言えます。

「宅配便の仕分け」と「郵便物の区分け」とで仕事内容に違いはありますが、お中元・お歳暮のシーズンはどちらのアルバイトでもかなり忙しくなります
仕分け作業のアルバイトは勿論、区分け作業のバイトにおいても重い荷物(ビール・詰め合わせなど)を分類する頻度が高くなる点も知っておきましょう。

仕分けのバイトは宅配会社・郵便局以外にも、倉庫や在庫センターなどでも募集がされています。
倉庫や在庫センターなどで仕分けのアルバイトをする場合、仕分ける量が比較的少ない分、検品梱包作業が仕事内容として組み込まれているケースが多いです。

時給(日給)相場・平均給料(給与)

仕分けのアルバイトの時給相場は、平均で800円〜1000円(東京都内)です。
日給は8000円〜10000円(東京都内)が平均相場で、日払い・週払いのある求人案件も比較的多くあります。
宅配便の仕分け作業などは重い荷物を扱うため、特に時給・日給が高い傾向です。時給制の仕分けアルバイトの場合、夜間(午後10時以降〜深夜・早朝まで)の仕分け作業には基本時給が25%上乗せして支給されます。

郵便物の区分けのアルバイトの場合は、時給相場は800円前後(東京都内)です。こちらは仕分け作業のバイトと違い、日給制でのアルバイト募集がありません

平均勤務時間・平均勤務日数

仕分け作業のアルバイトは、平均勤務時間が7〜9時間、1週間の平均勤務日数が3日〜5日です。

一方、郵便局の区分けアルバイトの平均勤務時間は4〜6時間、1週間の平均勤務日数が5日となっており、仕分けの仕事とは少し違いがあるようです。

短期のアルバイトも可能?

短期バイト・日払いのアルバイトが可能な職場は多いですが、郵便物の区分け作業については短期バイトの募集はありません

短期で仕分けのアルバイトをしたい場合は、宅配便の仕分け作業のバイトなどに応募するのがおすすめです。

待遇(休憩時間/交通費/社会保険など)

  • 休憩時間・・・1時間程度(ただし、6時間以下の勤務の場合は休憩が無いことが殆どです。)
  • 交通費・・・支給されます。
  • 社会保険・・・郵便局や大手宅配便会社でのアルバイトの場合は加入出来ることが多いです。
  • その他の待遇・・・制服着用の場合は貸与されます。

アルバイト応募に必要な資格・条件

特にありませんが、仕分けと並行してピッキング作業(荷物の取り出し)も仕事内容にある場合、フォークリフトの運転免許が必要なアルバイト先もあります。

アルバイトをしている方の平均年齢

仕分け作業のバイト・区分け作業のバイトどちらも平均年齢は20代から50代までと幅広くなっています。

年末は年賀状区分けのアルバイトをする高校生が多くなり、また夏休みなどは仕分けの短期アルバイトをする大学生が増えるようです。

仕分けのアルバイト体験談

仕分け・区分けのアルバイトに関する体験談を紹介します!