引越し屋のアルバイト

引越し屋のアルバイトの仕事内容(アシスタント/ドライバー)

引越しのアルバイトの仕事内容はとてもシンプルです。
荷物の運搬・梱包・開封といった引越アシスタント(引越し助手)の仕事や、引越し用トラックのドライバー(引越しドライバー/運転手)の仕事があります。

引越しのアルバイト仕事する際のメンバー構成は、引越し屋(業者)のスタッフ(または引越しドライバー)1人につきアルバイト(アシスタント)3〜5人くらいになっており、アルバイトの方はスタッフ(ドライバー)の指示に従いながら引越し作業を進めていきます。
1日に担当する引越し作業は2〜3軒ほどです。例年2月・3月(春休みシーズン)や9月(転勤・異動のシーズン)は引越し依頼が増える季節になっており、引越しのアルバイトの求人募集も増える時期になっています。

引越しの仕事はアルバイトでも社員と同様の仕事内容で、荷物の梱包から運搬・配置まで一通り全ての引越し作業を行うのが一般的ですが、なかには梱包・開封のみのアルバイト枠がある引越し会社もあります
重い荷物を運ぶ仕事が無く、荷物の梱包・開封だけの仕事内容なので女性にも出来る引越しアルバイトだと言えます。

また、引越し作業の全てを依頼する「おまかせプラン」のような引越し案件も増えており、その場合はアルバイト・社員の人数を増やして荷物の梱包・運搬・配置・開封といった引越し作業を行います。
このような「引越しおまかせプラン」では、梱包・開封の専用スタッフとしてアルバイトが雇われるケースも多くなります。

引越しスタッフのアルバイトの注意点として、荷物の損傷・損壊などの物損事故を起こした場合は時給が下げられたり、損傷・損壊した荷物の弁償代金を客に支払うことがあります。
アシスタント・ドライバーどちらも引越し作業の際は荷物の損傷・損壊に気をつけましょう。(^^;)

時給(日給)相場・平均給料(給与)

引越し屋のアルバイトは日給制・日払いの職場が多くなっており、平均日給(または日払い額)は9000円〜10000円(東京都内)が相場です。
時給制の引越しバイトの平均相場は、時給1000円〜1100円(東京都内)となっています。

引越し業者によっては、ドライバーとアシスタントで日給・時給に違いがある場合もあります(引越しドライバーの給料の方が通常高いです)。

平均勤務時間・平均勤務日数

引越しのアルバイトの平均勤務時間は8時間ですが、引越しの移動時間によって勤務時間が変動します。
一方、1週間の平均勤務日数は1日で、超短期の仕事と言えます。

短期のアルバイトを希望するなら引越しの仕事はとてもおすすめだと思います。

短期のアルバイトも可能?

上記の通り、引越しのアルバイトは短期間の仕事が可能です(むしろ短期の求人ばかりです^^;)。
ただ引越しドライバーのアルバイトの場合は、アシスタントへの指示の仕方などを覚えなければいけないため、長期勤務が必須の引越し屋がほとんどです。

待遇(休憩時間/交通費/社会保険など)

  • 休憩時間・・・不規則ですが休憩は必ず取ります。
  • 交通費・・・あまり支給されません。
  • 社会保険・・・ほとんどの引越し会社で加入出来ません。
  • その他の待遇・・・弁当支給(勤め先によります)、残業手当(勤め先によります)、制服貸与

アルバイト応募に必要な資格・条件

引越しアシスタントのアルバイトは特に何も必要ありませんが、引越しドライバーの場合は普通自動車運転免許(出来ればマニュアル運転免許)が必要です

アルバイトをしている方の平均年齢

平均年齢層は10代・20代と若いです。
引越しのアルバイトはドライバー・アシスタント問わず、力仕事が多くなることが理由と考えられます。