映画館のアルバイト

映画館のアルバイトの仕事内容(チケット販売/誘導/映写など)

映画館でのアルバイトには、チケット販売、客の誘導、チケット切り、館内アナウンス、映写、グッズ・飲食物販売、館内清掃といった仕事内容があります。
シネマコンプレックス(シネコン)のような大規模な映画館・劇場ではこれらの仕事内容を各アルバイトで分担して行いますが、ミニシアターなどの小さい映画館でアルバイトする場合は複数の仕事を担当するのが一般的です。

映画館のアルバイトチケット販売は「BOX(ボックス)係」と呼ばれる仕事で、チケットの販売の他に上映時間の案内や電話応対などを行います。
客の誘導・チケット切りの仕事は「フロアー」と呼ばれ、チケットのチェック、映画の上映前・上映終了後の客の誘導・案内などが主な仕事内容になります。
グッズ・飲食物販売は「コンセッション」などと呼ばれる業務で、パンフレット・ポスターなどのグッズ販売、飲み物・お菓子類などの販売や商品の在庫管理・衛生管理なども担当します。

小さい映画館のアルバイトでは、ボックスとコンセッション両方の仕事を担当したり、「劇場スタッフ」としてボックス・コンセッション・フロアー全ての担当を受け持つこともあります。
また、映画館内の清掃については各自の担当箇所を中心に行い、映画館の開館前・閉館前の時間帯では集中的に作業します。

映写の仕事は、映画館によってはアルバイトに任せないところもありますが、基本的な作業内容は上映準備(映写機にフィルムをかける)、上映中の音声・映像の調整、映写機のメンテナンスなどになります。
さらに、アルバイトでも映画館のオーナーからスキルを認められれば、映画本編上映前のCM・予告の編集作業、新作映画の試写・チェック作業などを担当することも出来ます。

映画館のアルバイトの特徴としては、繁忙期・閑散期があることです。
ゴールデンウィーク、夏休み・冬休み・春休み、年末年始といった連休の時期は映画館がとても混雑するためアルバイトの仕事量も非常に増える一方で、平日の映画館は客が少なくアルバイトの仕事も比較的楽になります。

時給相場・平均給料(給与)

映画館のアルバイトは時給800円(東京都内)が相場で、他の職業・職種のアルバイトより少ない傾向です。
レイトショーやオールナイト上映時など、夜間または深夜の時給については基本時給が25%アップします。

平均勤務時間・平均勤務日数

映画館のバイトの平均勤務時間は4時間、1週間の平均勤務日数は3日が基本的な勤務スタイルです。
翌朝までのオールナイト上映の場合は勤務時間が長くなり、平均8時間ほど勤務します。

短期のアルバイトも可能?

映画館での短期アルバイトは難しいです
長い研修期間を設けている映画館もあり、アルバイトには長期間の勤務が求められている傾向にあります。

待遇(休憩時間/交通費/社会保険など)

  • 休憩時間・・・1時間(6時間以上の勤務時)
  • 交通費・・・支給されます。
  • 社会保険・・・労働時間・勤務条件によります。
  • その他の待遇・・・制服貸与、映画鑑賞無料(または割引)

アルバイト応募に必要な資格・条件

高校生不可としている映画館が一般的です。

また、アルバイトの髪型・染髪(髪の色)に厳しい映画館も多くなっています(茶髪よりも黒髪が好まれます)。

アルバイトをしている方の平均年齢

映画館でアルバイトしている方の平均年齢層は20代です。
平日の午前中は30代・40代のアルバイトの方も多いですが、映画館が混む休日や夜の時間帯は20代のアルバイトの方が多くなっています。