検品のアルバイト

検品・検査のアルバイトの仕事内容(工場/倉庫など)

検品作業のアルバイトは読んで字のごとく、商品を検査する作業が主な仕事内容です。

検品作業のアルバイト工場や倉庫、在庫管理センターなどアルバイト先は様々あり、工場では機械が製造した製品の検品作業、倉庫・在庫管理センターなどでは入荷した商品の検品作業を行います。
工場ではベルトコンベアーに検品スタッフが並んでライン作業を行うことが多く、次の出荷作業スタッフの邪魔にならないよう作業スピードがある程度必要になります。また、機械検査でなく目視検査の場合は視力も大切になってきます。
一方、倉庫や在庫管理センターの検品アルバイトではライン作業はあまりありませんが、検品の他にも仕分け・梱包(包装)などの作業が仕事内容に入っている職場がほとんどです。

検品の細かい仕事内容はアルバイト先によって違いがあり、例えば食品トレイの検品作業であればトレイの破損チェックやプラスチック破片が混入していかの検査アパレル商品の検品作業であればアパレル用品の傷み・汚れの確認やシール貼り作業本の検品作業では印刷・印字ミスやページの抜け落ちのチェックなどを行います。
工場または倉庫ごとの具体的な検品のやり方については先輩のアルバイトの方や正社員のスタッフの方が指導してくれますし(研修制度がある職場もあります)、製品・商品の検査項目についてもマニュアルが用意されている職場が多いので特に心配する必要はないかと思います。(^^)

このように検品のアルバイトは仕事内容としては単純作業の種類に分類出来ますが、長時間のあいだ同じ場所で黙々と検品作業を続けていくため性格によって適性が分かれる仕事でもあります。
まずは短期の検品アルバイトから始めて適性を判断してみるのがおすすめです。


検品単独のアルバイト募集はあまり多くありません。

検品のアルバイトをする場合、通常は仕分け・梱包などの作業も仕事内容に入っていることが多いです。
そのため、仕分け梱包のページもご覧になってみて下さい。

時給(日給)相場・平均給料(給与)

検品のアルバイトの時給は800円〜900円(東京都内)です。深夜の検品バイトでは時給が25%増えます。

日給制や日払いの検品アルバイトも多く、平均8000円〜10000円(東京都内)となっています。日払いの他、週払いに対応した検品作業もあります。

平均勤務時間・平均勤務日数

検品バイトは勤務時間・勤務日数ともに比較的長くなっており、勤務時間は平均6〜8時間、平均勤務日数は週3日〜5日です。

短期のアルバイトも可能?

短期での検品アルバイトは可能です。

求人情報誌などを見てみると、検品の仕事は短期アルバイトの求人募集が多数あり、超短期(勤務期間1日)での求人も他の職業・職種より多くなっていることが分かります。

待遇(休憩時間/交通費/社会保険など)

  • 休憩時間・・・1時間程度(最低6時間以上勤務した場合)
  • 交通費・・・支給されます。
  • 社会保険・・・加入出来ません。
  • その他の待遇・・・休日出勤手当(職場によります)、残業手当(職場によります)、制服貸与(制服着用の場合)

アルバイト応募に必要な資格・条件

特にありません。

アルバイトをしている方の平均年齢

検品のアルバイトは、30代・40代の方が多く仕事をしています。
採用に年齢制限が無いため、検品の仕事は幅広い年齢層に対応しているアルバイトと考えて良いでしょう。