警備員のアルバイト

警備員のアルバイトの仕事内容(交通誘導/雑踏警備/施設警備)

警備員の仕事には交通整理からボディガードまで様々な種類がありますが、警備員のアルバイトが行う仕事内容は主に交通誘導雑踏警備施設警備の3種類のいずれかです。ボディガードの仕事は警備員のアルバイトでは無く、元警察官などが担当します(^^;)。

警備員のバイト交通誘導(交通整理・旗振り)は、工事現場や駐車場などで車を誘導するという仕事内容です。
昼間の交通誘導の仕事はショッピングセンターやデパート・大型スーパーの駐車場で行うことが多く、夜間・深夜の交通誘導のバイトは工事現場が主な仕事場になります。

雑踏警備とは、祭・ライブコンサートといったイベント会場や競馬場・競艇場などでの警備業務のことです。
イベント会場内の巡回監視業務、一般人の誘導・案内、不審人物の出入り監視などが雑踏警備(イベント警備)の仕事内容になっています。

施設警備(巡回警備)のアルバイトには、オフィスビル・テナントビルや商業施設(デパート・百貨店・ショッピングモールなど)内での巡回警備、工場内での機械警備、病院内での巡回警備などがあります。
巡回警備では建物の内部を巡回しながら不審者・不審物のチェックや鍵の施錠確認、一般人の安全確保などを行い、機械警備では工場内にある機械設備に異常が無いかどうかの監視業務を行います。工場の警備バイトは夜間・深夜の仕事(夜勤)がほとんどです。

ちなみに警備員のアルバイトは、仕事を始める前に研修をしっかり受ける職場が少なくなく、また安全講習などの研修にも定期的に参加することがあります。
交通の安全・人命の安全を守る警備員という職業上、研修・講習はアルバイトでもきっちり受けることになります。

また、警備員の求人募集要項には当務という用語がたまに出てきますが、当務とは泊りがけで警備員のアルバイトを行うことを意味します。

日給相場・平均給料(給与)

警備員のアルバイトは日給制もしくは日払い・週払いの会社がほとんどで、時給制の警備バイトは無いと考えて良いと思います。

警備員バイトの平均日給は8000円(東京都内)、夜勤(夜間・深夜)の警備員バイトの日給相場は平均10000円(東京都内)、当務の場合の給料(日当/日払い)は平均1万5000円(東京都内)です。

平均勤務時間・平均勤務日数

日中・夜勤の警備員の平均勤務時間は8時間、平均勤務日数は2〜3日(1週間内の勤務日数)となっています。
当務の警備員アルバイトの場合は、平均16〜17時間勤務(間に休憩時間もあります)、週3日の勤務日数になります。

短期のアルバイトも可能?

警備員の短期アルバイトは比較的可能なようです。
ただ、他の職業・職種と比較して多いというだけで短期アルバイトの求人ばかりがある訳ではありません。

待遇(休憩時間/交通費/社会保険など)

  • 休憩時間・・・1時間程度。当務の場合は休憩2時間、仮眠5時間
  • 交通費・・・支給される職場、支給されない職場半々です。
  • 社会保険・・・加入する警備会社もあります。
  • その他の待遇・・・残業手当、資格手当、社員登用制度、制服貸与

警備員には「警備業務検定」という資格検定制度があり、アルバイトの方も交通誘導警備業務検定・施設警備業務検定・雑踏警備業務検定などの資格を取得すると警備会社から資格手当が支給されます。

アルバイト応募に必要な資格・条件

18歳以上(警備業法による年齢制限のため)であることが必要です。
また、オフィスビルや商業施設の警備アルバイトでは染髪・アクセサリー着用も禁止されています。

アルバイトをしている方の平均年齢

警備員のアルバイトは年齢層が高く、30代・40代・50代の方が仕事をされています。