品出しのアルバイト

品出しのアルバイトの仕事内容(スーパー/ドラッグストア)

品出し専門のアルバイトを募集している仕事には、スーパーマーケットでの品出し作業ドラッグストアでの品出し作業などがあります。
基本的な品出しアルバイトの仕事内容は売り場に商品を陳列していく作業になりますが、特にスーパーでの品出しバイトなどは仕事内容に特徴があるので詳しく説明していきます。

スーパーの品出しのアルバイトは、加工食品部門(生鮮・青果・惣菜)・日配部門といったスーパーの各部門によって品出しの仕事内容に違いがあります(スーパーによって部門の名前も違います)。

加工食品部門は品出しの裏方的な仕事を行う部門で、一般的に生鮮・青果・惣菜などの専門別にアルバイトが募集されています。
品出しのバイト生鮮部門では、仕入れた魚・肉類を作業場で適当なサイズにカット・加工しトレイやパックを使って包装していきます。その後、値札シールを貼りスーパーの売り場へ品出しします。
青果部門の仕事も同様で、仕入れた野菜や果物をラップやパックで包装し、値札を貼って品出ししていきます。
惣菜部門は、揚げ物や炒め物、弁当などといった惣菜を調理し、パック詰め・値札貼りを行い品出しします。

スーパーの加工食品部門の品出し作業は、どの専門も商品陳列の作業より食品などを調理・加工する作業がメインの仕事内容になっています。

一方、日配部門の仕事はスーパーの店内に商品を陳列していく作業が中心になります。一般的な品出しの仕事のイメージはこちらだと思います(^^)
スーパーに入荷した商品・加工部門で品出しされた賞品を陳列するほか、不足した商品の補充、賞味(消費)期限切れ商品の回収、倉庫の管理・検品作業などがあります。
また、店内で品出しをしている際には客から商品の場所などを質問されることがよくあり、接客の仕事もある程度必要になってきます。

ドラッグストアでの品出しのアルバイトは、商品陳列が主な仕事内容でスーパーの日配部門の仕事に近いです。
ただスーパーほど商品の入れ替え作業が忙しくないためか、品出し単独のバイトよりもレジとの兼任のバイトを募集しているドラッグストアがほとんどです。

その他、スーパー・ドラッグストアの品出し業務には早朝品出しという仕事もあり、開店時間に間に合うようにアルバイト・社員総出で品出し作業をしていきます。

時給相場・平均給料(給与)

スーパーの品出しアルバイトは時給相場が900円(東京都内)、ドラッグストアの品出しの場合は平均850円(東京都内)が時給相場です。

土日・祝日や夕方の基本時給がアップするスーパーマーケットも多くあります(時給の増加額はスーパーによって違います)。

平均勤務時間・平均勤務日数

品出しのアルバイトは、平均勤務時間は4時間、平均勤務日数が週3日です。スーパーとドラッグストアで違いはありません。

ただ、スーパーの早朝品出しのアルバイトだけ勤務時間が異なり、平均3時間前後仕事することになっています。

短期のアルバイトも可能?

品出しの短期アルバイトは一般的には募集されていません。
(スーパーマーケット、ドラッグストアほぼ全ての店舗)

待遇(休憩時間/交通費/社会保険など)

  • 休憩時間・・・30分程度(勤務時間6時間以上の場合)。
  • 交通費・・・支給されます。
  • 社会保険・・・加入出来ない職場がほとんどです。
  • その他の待遇・・・昇給制度(店舗によります)、社員登用制度(店舗によります)、制服貸与

アルバイト応募に必要な資格・条件

特にありません。
「アルバイト未経験者」大歓迎としている店舗が多い(特にスーパーマーケット)のが特徴です。

アルバイトをしている方の平均年齢

スーパーで品出しをされているアルバイトの方の年齢層は10代〜50代となっており、他の仕事と比較してとても幅広い年齢層と言えます。
一方、ドラッグストアの品出しは、20代・30代のアルバイトの方が多くなっています。