ゲームプランナーの仕事

ゲームプランナーの仕事内容

ゲームプランナーは、ゲーム制作において制作チーム・制作現場をまとめるリーダーのような役割の職業です。

ゲームの企画設計・構想を練り、実際にゲームを制作して製品化するまでの一連のプロジェクトをプランニングするのが主な仕事内容になります。

プランニングした企画(プロジェクト)をプレゼンテーションなどを通じてゲーム制作会社に発表し、ゲームの魅力などをアピールします。
そしてゲーム制作のGOサインを貰った後、ゲーム制作現場をまとめながら実際に作品を制作していくというのが大まかな仕事の流れです。

ゲームプランナーの平均年収・給料(給与)相場

ゲームプランナーの平均年収は300万円〜400万円くらいです。

1ヶ月あたりの給料は、新人ゲームプランナーの初任給が平均18万円、平均的なゲームプランナーの給料相場は25万円〜30万円となっています。

ただ、ゲームプランナーの年収は業界の特性上、ゲーム作品がヒットするかしないかで大きく変わる特徴を持っています。

ゲームプランナーの平均年齢層

ゲームプランナーに就職している方の年齢層は平均30代前後です。

求人情報などでのゲームプランナーの募集年齢は20代・30代・40代くらいになっています。

ゲームプランナーになるには

ゲームプランナーの職業に就くためには、ゲーム機器会社・ソフト制作メーカーなどゲーム制作関連の企業へ就職するのが定番です。

未経験者でもゲームプランナーに就職出来ますが、ゲームクリエーター系の人材を育成している専門学校などでゲームプランナーに必要なスキル・知識を身に付けておくと就職活動が有利になるでしょう。

ゲームクリエーター養成学校リスト(専門学校・大学など)

ゲームプランナーのブログ等をまとめたリンク集

ゲームプランナーに就職して仕事をしている(していた)方のブログやサイトをまとめたリンク集です(50音・アルファベット順)。

ゲームプランナーという職業の実態・実情が気になる方は、これらのブログを是非参考にしてみましょう!