ゲームグラフィックデザイナーの仕事

ゲームグラフィックデザイナーの仕事内容

ゲームグラフィックデザイナーの主な仕事内容は、ゲーム内の登場キャラクターや建物・風景などの背景をCG(コンピュータグラフィックス)の技術を使ってデザインしていくことです。

デザインと言っても「ゲームグラフィックデザイン」の仕事であり、一からゲームキャラクター・背景を作ることは少ないです。
大抵のゲーム制作においては、外注などであらかじめ用意しておいたキャラクー原画・背景設定画像などを元にゲームグラフィック化していきます。

また、ゲームグラフィックデザイナーの仕事を進めるにあたっては、ゲームプランナーが立案した企画・プロジェクトに従い、企画変更などがあれば柔軟にCG修正作業を行ったりします。

ゲームグラフィックデザイナーの平均年収・給料(給与)相場

ゲームグラフィックデザイナーは350万円ほどの平均年収となっています。

給料についてですが、新人ゲームグラフィックデザイナーの初任給は平均18万円で、ゲームグラフィックデザイナー全体の給料で言えば25万円〜30万円くらいが相場です。

これらの平均年収・給料相場は一般的なゲームグラフィックデザイナーの場合で、制作したゲームがヒットすれば給料・年収が上がることが多いです。

ゲームグラフィックデザイナーの平均年齢層

ゲームグラフィックデザイナーの平均的な年齢層は20代・30代です。

求人募集で「年齢不問」としているゲーム制作会社もありますが、ゲームグラフィックデザイナーの募集年齢は10代・20代・30代が主流になっています。

ゲームグラフィックデザイナーになるには

ゲームグラフィックデザイナーに就職する定番手法は、ゲーム制作会社・ソフト開発メーカーに就職することです。

また、ゲームグラフィックデザイナーを育成する専門学校・美術大学などでCGの技術・知識を学んでおいたほうが、未経験者の場合よりも就職活動が成功しやすくなります。

ゲームグラフィックデザイナー養成学校リスト(専門学校・大学など)

その他、フリーのゲームグラフィックデザイナーとして仕事をする選択肢もあります。
フリーで働く場合は、ゲームソフト制作メーカーへ自分のCG作品を持ち込み、仕事を貰うことになります。

ゲームグラフィックデザイナーのブログ等をまとめたリンク集

ゲームグラフィックデザイナーとして働いている方のブログをまとめたリンク集です(50音・アルファベット順)。

ゲームグラフィックデザイナーの仕事は実際にどんなものなのか、業界の実態について勉強させて貰いましょう!