CGクリエイターの仕事

CGクリエイターの仕事内容

CGクリエイターとはCG(コンピュータグラフィックス)を制作する職業のことで、主な仕事内容には映像制作・画像制作・設計図作成・webデザインなどがあります。

映像制作では映画・テレビ・ゲーム・アニメーションなどに使用されるCG映像を作成していき、画像制作でも同様に映画・ゲームなどに使われるCGイラストを作成していきます。(ゲームグラフィックデザイナーの仕事もご参照下さい!)
また、設計図作成は建築設計図や自動車設計図をCGでデザインする仕事、webデザインはwebサイトで使用されるCGを作成する仕事になります。

CGクリエイターの仕事は映像会社やCGデザインプロダクションなどで行うことが一般的ですが、CGデザイン業界である程度有名になれば「フリーのCGクリエイター」として独立することも可能です。

CGクリエイターの平均年収・給料(給与)相場

CGクリエイターの平均年収は400万円〜500万円くらいで、フリーのCGクリエイターとして仕事をコンスタントにしている場合は年収1000万円以上になることもあります。

また、CGクリエイターの給料(給与)についてですが、25万円〜30万円ほどが平均的な月給額です。
新人または見習いのCGクリエイターであれば、給料は15万円〜20万円くらいが平均になっています。

CGクリエイターの平均年齢層

CGクリエイターに就職されている方の平均年齢層は20代〜30代です。

そのためか、CGクリエイターの募集年齢の平均は20代と比較的若くなっています。
「年齢不問」の映像会社・プロダクションも少数ながらありますが、就職する際に実務経験が必要なケースが多いです。

CGクリエイターになるには

CGクリエイターの仕事へ就職するためには、CGクリエイター育成の専門学校・大学を卒業してから就職活動するのが一番確実です。

CGクリエイターはパソコンの様々なソフト・ツールを使用して仕事をするため、専門学校や大学などでCGソフトの使い方・技術を学んでおけば、多くの映像会社・CGデザイン会社などに歓迎されます。

CGクリエイター検定という資格制度もあり、検定で資格を取得しておけば就職活動でのアピール材料として大いに役立つでしょう。

CGクリエイター養成学校リスト(専門学校・大学など)

フリーのCGクリエイターになるには、映像会社・CG制作会社である程度の経験を積む必要があり、またCGクリエイターとしてある程度有名になっておくことも大切です。

CGクリエイターのブログ等をまとめたリンク集

CGクリエイターとして仕事をしている方のブログ・サイトをまとめたリンク集です(50音・アルファベット順)。

CGクリエイターの具体的な職業イメージが掴めると思いますので、是非見てみましょう!